洗顔後の顔がカサカサ!保湿対策はどうすればいいの?

「洗顔後、顔がカサカサして気になる…」という方必見!洗顔後のカサカサにおすすめの対策をご紹介します。

 

 

汚れを落とし美肌を目指すために一生懸命洗顔をしているのに、洗顔後にカサカサになってしまう…実は、洗顔方法が間違っている可能性大です!

 

 

〇熱いお湯で洗っていませんか?

 

 

「熱いお湯で洗ったら毛穴が開いて汚れが落ちそう」といって顔を熱いお湯で洗っている方多いと思いますが、実は逆効果。

 

 

毛穴の汚れや皮脂はしっかり落ちますが、お肌に必要な成分まで洗い流してしまっています。

 

 

皮脂は油汚れのイメージがありますが、お肌の保湿剤、バリア機能としてある程度必要なものですので、落とし過ぎないということがポイント。

 

 

洗顔は熱いお湯ではなくぬるま湯が適温です。

 

 

ぬるま湯で洗顔した後、冷たい水で顔を洗うと毛穴の引き締め効果になりますよ。

 

 

〇ゴシゴシ洗っていませんか?

 

 

「汚れを落とさなくちゃ!」とついゴシゴシ洗ってしまうとお肌への刺激になり、乾燥肌を助長させてしまいます。

 

 

洗顔のコツは泡で優しく洗うこと、洗顔ネットを使うとモコモコとした泡になりやすいのでおすすめですよ。

 

 

ゴシゴシといえば、洗顔後のふき取りも肌に刺激にならないようにタオルを顔に押し当てるように優しく水分を吸収させましょう。

 

 

シートタイプのクレンジングも刺激になりやすいので、カサカサ乾燥肌の方は注意しましょう。

 

 

〇ちゃんとスキンケアしていますか?

 

 

顔の汚れがきれいに落ちたら次はスキンケア。

 

 

洗って終わり…ではなくちゃんと保湿を考えたスキンケアをすることで洗顔後のカサカサをなくすことができますよ。

 

 

洗顔後は、顔の汚れが落ちていると同時に、お肌に必要な水分も落としてしまっていますので、洗顔後すぐに化粧水をつけてスキンケアしていきましょう。

 

 

水分がついていると保湿されている錯覚を起こしますが、乾いたときには水分がつく前よりも乾燥してしまうので、洗顔後カサカサになりやすいということです。

 

 

化粧水は保湿成分が含まれているものを選び、たっぷりと顔に馴染ませることがカサカサ対策のポイントです。

 

 

化粧水の後は乳液クリームでお肌の潤いを閉じ込めていきましょう。

 

 

美容成分が含まれた美容液を使うとよりOKです。

 

 

カサカサ肌になってしまうとメイクのノリも悪くなり顔色も悪くくすみがち。

 

 

乾燥しやすい冬は特に乾燥から痒みや痛みも出てきやすいですよね。

 

 

洗顔後のカサカサ対策となるスキンケアをご紹介しましたが、生活習慣を見直し、十分な睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事をする、適度な運動をする、禁煙するといったことも心がけましょう。

 

 

カサカサが強い場合はスキントラブルのもとになりますので、皮膚科を受診して相談してみることをおすすめします。

 

重要!スキンケアのひと手間、顔の乾燥対策のポイント