重要!スキンケアのひと手間、顔の乾燥対策のポイント

 

空気の乾燥や日ごろのストレスで私達の顔はスキントラブルに悩まされていますが、乾燥対策におすすめのスキンケアをご紹介します。

 

 

特に冬、暖房をつけ乾燥した室内に長くいるといつの間にかお肌がカサカサしてひどい方は粉を拭いて赤くなる、痒みや痛みまででてきてしまうといった方もいらっしゃいます。

 

 

特に顔は、身体の皮膚に比べると薄く外気にも触れ、メイクで刺激してしまうため乾燥しやすい部分のひとつとされています。

 

 

乾燥肌になってしまうと保湿してもカサカサが治まらず、メイクのノリが悪くなってしまいますし、赤みを帯びてしまった場合はいくらコンシーラーで隠しても隠し切れません。

 

 

根本的なスキンケアを見直し乾燥肌対策をするということが大切です。

 

 

お肌は年齢を重ねるごとに乾燥しやすくなりますが、原因は肌の水分を保つ成分が減少してしまうことと、角質が乾燥によって弱くなり保湿ケアした水分が肌から出ていってしまうということです。

 

 

若い頃には何もしなくてOKだったお肌ですが、年齢を重ねるごとにスキンケアをしていかないと乾燥肌は加速していくのです。

 

 

顔の乾燥対策には、化粧水や乳液、美容液などのスキンコスメを使い水分を補給してあげることがおすすめ。

 

 

顔の皮脂が多い若い世代はさっぱりタイプがおすすめですが、カサカサ乾燥肌に悩む年代にはセラミド成分が含まれたしっとり潤いタイプがおすすめ。

 

 

仕事をされている方から、「仕事でメイクしているときの乾燥が気になる」「顔がパリパリした感じがする」という声をよく聞きますが、メイクをしている仕事中はミストタイプの化粧水がおすすめ。

 

 

顔の乾燥が気になったらシュッと一吹きして優しく抑えるだけでOK。

 

 

始めは手間に思うかもしれませんが、このひと手間でお肌の乾燥をかなり防ぐことができます。

 

 

次に、間違ったスキンケアをご紹介します。

 

 

×熱いお湯でゴシゴシ洗う

 

 

熱いお湯で洗うと顔の必要な皮脂成分まで洗い流してしまい、お肌の乾燥を引き起こしてしまいますので、洗顔で使用するはぬるま湯を心がけましょう。

 

 

また、ゴシゴシ洗うとさっぱり気持ちいい感じがしますが、お肌には逆効果!

 

 

肌への刺激となり角質を傷つけてしまいますので、優しく包み込むように洗います。

 

 

顔を拭くときにゴシゴシ吹くのもNGですよ。

 

 

 

×生活習慣の乱れ

 

 

生活習慣の乱れはスキントラブルに直結します!

 

 

早寝早起きを心がけ十分な睡眠時間をとること、栄養バランスのとれた食事をとること、適度に運動し代謝を高めること、ストレスをなくすことが大切です。

 

 

毎日のちょっとしたスキンケアで顔の乾燥対策ができますので、スキンケアと生活習慣を見直してみて、潤いのあるお肌を目指しましょう。

 

 

 

 

こちらもぜひご覧ください。

リルジュリカバリィエッセンスは効果あり?毛穴の開きやたるみ、しわ、乾燥肌に効く?